身体のサビつきを防ぐフィコシアニン

subpage01

酸素は人が生きていくには不可欠な物質ですが、身体に悪影響を及ぼす酸素もあります。


それは活性酸素。

体内で作られるもので、強力な酸化作用があり、細胞を破壊していく物質です。

呼吸で体内に入った酸素の2パーセントが活性酸素になります。


体内に入り込んだ細菌などを退治するといういい面もありますが、ストレスがかかったり、タバコを吸ったりするとたくさん作られ、自分の細胞に悪い影響を及ぼします。人体には余分な活性酸素を分解する酵素がありますが、歳とともにその働きが弱くなっていきます。

All About選びをサポートするサイトです。

つまり、老化とは活性酸素によって細胞が酸化される、言い換えれば体が錆びついていくことで起こるものです。

また免疫力低下にもつながり、疲れやすくなったり、病気にかかりやすい体になってしまいます。
そこで老化を防いだり、ストレスに負けない健康的な体を維持するためには、活性酸素を分解する力がある抗酸化作用を持った物質を食材やサプリメントとして体外からとることが大切です。



抗酸化作用があるものとして、ビタミンCやコエンザイムQ10などいろいろありますが、最近注目されているのがフィコシアニンです。


フィコシアニンは藻類に含まれる青色の色素で強い抗酸化作用があります。


サプリメントとしては、特にスピルリナという藻類に多く含まれています。フィコシアニンは抗酸化作用だけでなく、有害物質を体外から排泄する力を促進する働きもあります。

話題になっている生スピルリナ情報をピックアップしたサイトです。

ストレス社会と言われる現在で活力に満ちた生活を過ごすために見逃せないものです。