スーパーフードってどんなものがあるの?

subpage01

この頃よく目にする「スーパーフード」って、一体どんなもののことだか、ご存知ですか?スーパーフードという言葉は、1980年代にアメリカやカナダの食事療法を研究する専門家や医師達が使い始めた言葉です。



一般的に、「栄養バランスに優れ、通常の食品より栄養価が高い食品で、有効成分を突出して多く含む食品のこと」を言います。料理の素材として使用されることもあれば、健康食品とて使用されることもあり、両方の用途を併せ持つ食品のため、サプリメントと通常の食品の中間のような位置づけがされています。
スーパーフードの代表的なものには、スピルリナ、マカ、ブロッコリースーパースプラウト、クコの実、アサイー、チアシード、ココナッツ、ヘンプシードなどがあります。

例えば、スピルリナは必須アミノ酸の全てを豊富に含んでいて、チアシードには必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれています。


ほとんどのスーパーフーは、鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルやビタミン類と、食物繊維も豊富に含んでいます。

フィコシアニンついてはこちらのサイトでご確認ください。

これらのスーパーフードを意識して摂取することで、体内の抗酸化作用や免疫機能を高めたり、アレルギー症状の緩和やコレステロール値の抑制が期待できます。他にも、血糖値と血流の改善に効果があり、デトックスの作用と美肌にも効果が期待できるなど、健康に良い様々な効果・効能があります。

また、スーパーフードは、低カロリーのものが多く、安全性が高い食品であるのも特徴のひとつです。

wikipedia情報を利用しましょう。